村畑日記

思ったことを自由に書いていきます。

「書評」 連続殺人鬼カエル男ふたたび 中山七里

 前提から騙されていた。

 あらすじを読んだ時からミスリードが始まっていたのである。「あらすじ=真実」であるという思い込みがいけなかった。

 あらすじも本編も、一字一句疑わないといけないという事を学んだ。僕はこれまで何度もミステリ作者に敗北してきたが、今回はトップレベルで悔しい。読み始める前から負けが確定していたからだ。

 これからミステリを読むときはあらすじにも注意しようと思う。特に「中山七里」は、他の作家よりもミスリードが多いので、気を付けなければならない。

 

連続殺人鬼カエル男ふたたび (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

連続殺人鬼カエル男ふたたび (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)